税理士事務所おお客様はほとんどが個人事業、法人事業を問わず、起業家になります。つまり経営者です。私たちは、経営者をサポートすることが仕事になります。
昨今、労使の対立が各種分野で取りざたされていますが、経営者と労働者の間では根本的な思考が異なっています。日本郵便で正規社員と契約社員の待遇の格差をめぐり訴訟が行われているようですが、マスコミ的に簡単な図式にすれば、お金をもらいたい労働者と払いたくない経営者の対立ということになろうかと思いますが、実際にはそんな単純なものではありません。
少なくとも私の関わっている経営者に私利私欲の為だけに従業員を低賃金で雇用しているという方はいらっしゃいません。ただ、多くの方が口をそろえて言うのは、頑張っている方にはいくらでも給料は上げたいけれども、どうしようもない方には払いたくない。つまり格差をつけたいということです。
労働者は格差は差別だと認識し、経営者は格差こそが公平と認識しているのです。全く反対の思考です。

何が正しいのかは私にもわかりませんが、少なくとも税理士事務所で働くということは経営者と対等に付き合っていく必要があります。
つまり経営者的な思考を身に着けることが、まずこの業界で業務を行うために大前提と考えています。